Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://bgmuski.blog91.fc2.com/tb.php/924-e8937aba

トラックバック

コメント

[C5384] tzsbzwosn

土木機械写真貼 別館 |スイープドーザ(昭和38年06月)
tzsbzwosn http://www.g3rg5erj687g4104n855mlv67tg2zpa9s.org/
<a href="http://www.g3rg5erj687g4104n855mlv67tg2zpa9s.org/">atzsbzwosn</a>
[url=http://www.g3rg5erj687g4104n855mlv67tg2zpa9s.org/]utzsbzwosn[/url]

[C8966] iphone lte 範囲

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

スイープドーザ(昭和38年06月)


写真38 NTK4型スイープドーザ


図7 スイープドーザの運動状況図

昭和37年2月頃、国鉄の保線課関係から突然面白い相談が持ち込まれた。

鉄道のレールを安全に保持するのが保線課の任務であるが、保線の業務と言うものは人に知られない苦労をして鉄道の安全な運転ができるための縁の下の力持ちの仕事。夜行列車の夢まどかな寝台車の通過する頃、そのレールの片側で徹夜で保線作業をして汗みどろで働く人々のご苦労には感謝しなければならない。

鉄道のレールはどんどん磨耗するので絶えず順次に交換しなければならないが、真夜中のある時間に複線の所なら単線運転に切り替えて一定区間のレール、枕木、バラスを短時間に除去しあたらしいバラスをしきならして予め準備してあるレールと枕木の組立てたものを置いて朝までには列車が通れるようにしてしまう。作業は殆ど人々の寝しずまっている間に行われ、しかも反対側のレールには間断なく上り下りの列車が通っている。

口で言えば簡単だが古いバラスも固くなっているので、古いバラスを取り除いて新しいバラスを入れることはそれ程簡単にできる作業ではない。

古いバラスもスコップ、ツルはしでもなかなか掘れない程固まっているので、これを取り除くには大きなチリトリのようなものに紐を付けて6人位で紐を引張って掻き出すのである。

短い時間にこのような作業をし、雨が降っても風が吹いても予定変更は簡単できないので作業員は汗みどろの苦労は並み大抵のことではない。

そんななんとかこのような作業を機械化し能率化できないものかと相談を持ち込まれたのである。


日特金属工業の笠原技術部長代理(現建設機械部長)や中村陸三技師などが苦心研究した新しい方式は第7図に平面図で示すように排土板の右の端を軸として円弧運動をしてバラスを掻き出してしまう方式である。
油圧アングルドーザの排土板押梁を取り付け、その右端に鉛直な軸を設け、くの字に曲がった排土板(2)の右端を前記の鉛直な軸で軸止めし、一方排土板の後ろ側の略々中央部に水平に油圧シリンダー(5)とピストンを置き、シリンダーに油圧が働けば排土板は右端の軸を中心として半円形に矢印の如く円弧運動をし、箒(ほうき)のようにバラスを右に掃くのである。排土装置全部は通常の油圧ブルドーザと同様に上下運動をして全部を持ち上げて前後進運動をするのである。


バラスを右側に掻き出す作用がちようど箒で掃く(スイープ)のような作用であるからスイープドーザと名付けたものである。バラスを右に掻き出してまたもとに戻し少しく前進して再びスイープすると言う運動を繰り返せば良いのである。また排土板は始めからアングルドーザのように傾斜しているからアングルドーザとしても使えるし、傾斜角度は油圧装置で任意な角度のアングルドーザにもなり、運転台からアングルドーザの傾斜角度を調整しながら前進することもできる。


大切なことはブルドーザをレールと平行な方向にのみ運動させることで、絶対にレールと直角方向に運動させないことである。反対側のレールを間断なく上り下りの列車が通過しているのでレールの近くで作業しているブルドーザが万一にも列車に接触するようなことがあったら一大事である。スイープドーザとは随分変ったやり方であるが新しい方式を考えて見れば遣り方はあるものである。

国鉄の担当官の立ち会いのもとに東海道新幹線の工事現場に持ち込んで試験した結果は好成績であった。従来の人力施工法では数人の人間が汗みどろになってやっても半馬力にも達しないが、小型とは言っても60馬力なら600人の人間が働くだけの仕事をするのだから、短時間にバラスを除去し、新しいバラスをまいて平らにならし、踏み固めて新しい道床を作れば、レールと枕木の組立てられたもの(13)を置いて殆ど作業を終えるのである。


これまで外国にも日本にもまったく見られないこのようなバラス処理機としてのスイープドーザは、わが国のように鉄道網の発達した国では鉄道だけを目標にしても利用価値があると思う。

国鉄側の真面目な供給と激励が日特金属の設計試作能力と結んで非常にユニークな特殊ブルドーザができて現に活動していることを報告する次第である。
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://bgmuski.blog91.fc2.com/tb.php/924-e8937aba

トラックバック

コメント

[C5384] tzsbzwosn

土木機械写真貼 別館 |スイープドーザ(昭和38年06月)
tzsbzwosn http://www.g3rg5erj687g4104n855mlv67tg2zpa9s.org/
<a href="http://www.g3rg5erj687g4104n855mlv67tg2zpa9s.org/">atzsbzwosn</a>
[url=http://www.g3rg5erj687g4104n855mlv67tg2zpa9s.org/]utzsbzwosn[/url]

[C8966] iphone lte 範囲

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

Big Muski

Author:Big Muski
土木機械写真貼はサーバトラブルで消滅しました。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。